2018 10月19日号 ビユーレター

0







    2018 10/5号 ビューレター

    0


      きもののシミ取りなどのお手入れはいまのうちに・・

      0


         上野ガスさん ガス展始まります 伊賀会場 10/6.7  青山会場 10/13.14

        0

           

           


          水素で美肌フェイシャルを体験  メディカルサロン プリマべーラ

          0

             

                 夏、灼けたお肌にシミ・しわが気になるので、

             

              今、注目の水素をふんだんに使って

             

              美肌になれるフェイシャル&デコルテを体験してきました!

             

             

             

              あきらめていた乾燥で肌荒れしてたお顔はどうなる?

             

              で、うれしい(^^♪レポートとなりました💛

             

              体験したのは ハートも潤い癒され、結果が出せる

             

              とうわさの 「メディカルサロン プリマべーラ」さん。

             

              透明に輝く肌「透明肌」へと導くために

             

              パラベンや石油系合成界面活性剤は一切不使用の
              「ドクターリセラ」を使用してのコースを体験  (^^♪
              さて、生まれたての赤ちゃんみたいなお肌に近づきましょう・・。

             

             

             

             

             ↓まずは、こちらでカウンセリング

             

              エレガントなお部屋でワクワク・・(^◇^)

             



             ↓ 今回使用の魔法?のパウダー、

             

              ( ゚Д゚) 実はこれがすごい抗酸化力を発揮!

             

             まずはクレンジング

             クレンジングは夏場特に皮脂が残っているので

             皮脂を取り除くために外せないメニューです
             皮脂をとってを取り除いておくと後の化粧水が入りやすくなるそうです
             毛穴の奥までクレンジング(^_-)-☆



             

             ブラシの1本一本の先まで

             

             感じない程度の微弱電流が流れている毛穴ブラシで

             

             毛穴の奥まで汚れを取ってくれます

             

             

             

             

             水素を含んでいるので汚れをしっかりキャッチ!

             

             水素が悪玉を外に排出してくれます

             

              あー気持ちいい!(#^.^#)

              サッパリ感 はんぱない! 

            <

             

             

              次はダイヤモンドピール。

             

              さらに透明感がでます。

             

              この後、たっぷりのビタミンcをイオン導入。

             

              ハンドだけではかなわない技に納得

             

              細胞ひとつひとつまで浸みてる感じ~

             

              これで美肌自信ありだわ~ うふッ


             

              お仕上げはここまでしてくださるの?

             

              のデコルテ。

             

              疲れた肩をなだらかに丁寧に滑る感じがすばらしいわ~

             

              リンパが流れて目までスッキリした感じ。

             

             

             あーなんだか、今日の体験でレディを取り戻した感じです。

             

             肌もしっかり透明感が戻り、なんとかこれをキープしたいなぁ・・

             

             フェイシャルとデコルテでこんなにスッキリするなんて・・

             

             きっとあの魔法のパウダー  水素のおかげかしら?

             

             今までと違うフェイシャル&デコルテ体験

             

             この夏、魅了されそう・・
             

             ★ メディカルサロン プリマべーラ

             

             

              http://primavera-mie.com/ 

             

              

            完全予約制  

            住所: 〒518-0127 三重県伊賀市山出1938-11

            携帯: 080-3613-1470

            営業時間:

            平日/11時〜19時最終受付(お電話は10時〜19時)
            土日祝/10時〜18時最終受付(お電話は10時〜18時)

            定休日 火曜 金曜

             

            ・駐車場 お車6台分の駐車場完備

              


            2018 9/7号  ビューレター

            0


              シリーズ3 老舗を歩く  赤目滝の観光に尽力 代々続く地域発展への強い思い~対泉閣

              0

                  赤目滝の観光に尽力

                  代々続く地域発展への強い思い

                 

                 

                  湯元 赤目温泉 隠れの湯 対泉閣 (名張市赤目町長坂)

                 

                 

                「日本の滝百選」「平成の名水百選」に選ばれた赤目四十八滝。

                 

                滝の入り口に建つ老舗旅館「対泉閣」。

                 

                観光地として今在る四十八滝の誕生にも大きく貢献された同家を

                 

                ご紹介いたします。

                 

                 

                            IMG_8585.jpg

                 

                「対泉閣」の名前の由来は、当時の建物の真正面に、

                 

                赤目四十八滝の「大日滝」があり、この滝に相対する館という意味で

                 

                名付けられたそうです。

                 

                当時は、滝参りとして信仰されていた「不動滝」までしか入山はできませんでした。

                 

                しかし、明治時代、玉置熊吉(初代)氏が現在の赤目四十八滝の遊歩道を

                 

                さらに奥の滝まで地元の方の協力を得、開拓しました。

                 

                その御苦労は相当なものだったでしょう。

                 

                 

                 延寿院そばで、お茶屋を始めた、そのお茶屋こそが、対泉閣の前身です。

                 

                その後、炭焼きを主業としていた赤目のこの辺りに、

                 

                昭和初期に現在の近畿日本鉄道が保養所とした施設を、

                 

                当時の瀧川村長・玉置治平(2代目)が観光推進のために取得します。

                 

                「対泉閣」の始まりです。

                 

                 現在の半分くらいの大きさの木造建築で、当時の鬼瓦を今も庭で眺めることができます。

                 

                建物の、大黒柱には、昭和8年と刻まれていました。

                 

                           IMG_8591.jpg

                 

                 その後、周囲には教職員組合の保養所などが建ち並びます。

                 

                そして、赤目四十八滝は、全国一位の瀑布に選ばれ、

                 

                紅葉の秋は大勢の観光客でにぎわいます。

                 

                しかし真冬の赤目は寒く、観光客の足は途絶えがちでした。

                 

                そこで、昭和62年に入り、玉置典治(3代目)氏が、先代の夢でもあった温泉発掘の意志を

                 

                受け継ぎ、温泉ボーリングを行います。

                 

                翌年、温泉が湧出。赤目四十八滝の観光の更なる発展を実現させようとした

                 

                当家の人々の願いが叶い、偉業を果たします。

                 

                 その後、周囲の施設なども引き取り、建物の増改築を経て、

                 

                現在のホテル旅館となります。

                 

                 温泉が出てからは、その良質な温泉に京阪神を主とした関西方面から、

                 

                大勢のお客様が訪れ、人気を博します。

                 

                今は、地デジやネットの普及でそれは全国に及び、海外からのお客様も増えました。

                 

                 平成18年には、三重県の観光に尽力したとして天皇陛下より

                 

                「旭日双光章」を受章。

                 

                 現在4代目玉置英治会長、玉置治郎社長ともに、

                 

                今後も名張市の観光を支えている気概を持って地域の発展を願い、

                 

                三重県の観光に精一杯の努力を尽くしたいとお考えです。

                 

                脈々と続く先代からの観光を通して、地域発展への強い思いは、

                 

                5代目にも継がれることでしょう。

                           IMG_8607.JPG

                 


                2018 8月31 号ビユーレター

                0



                  3.png

                   

                   

                   

                   

                   


                   

                   


                  4.png

                   

                   


                  金箔・山中塗・九谷焼を訪ねて 石川県加賀

                  0

                     

                        今回は秋にふさわしい伝統工芸と温泉を楽しむ石川県加賀をご紹介。


                       車でなら米原JCT経由で約4時間半。

                     

                       途中サービスエリアで、お土産を見たり、

                     

                       ご当地のうまいものを発見するのも楽しみの一つですね。

                     

                     

                       北陸自動車道杉津パーキングエリア付近は、

                     

                       敦賀湾を見渡せる絶景の眺望ポイント。

                     

                     

                     

                        

                     

                     宿泊に人気の加賀温泉郷は、山城・山中・粟津・片山津温泉の

                     

                     4つの温泉を総称したものです。

                     

                     10世紀以上に亘り多くの人々に愛されてきた歴史ある温泉です。


                     この旅では温泉を楽しむだけでなく山中塗や九谷焼また金箔などの

                     

                     伝統工芸も見学しましょう。

                     

                      ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                     

                      まずは、北上し、金沢市のひがし茶屋街へ。


                      美しい出格子のある古い町並みは重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

                     

                      雑貨店・町屋カフェなどがあり、中でも目が引くのが金箔を扱うお店。

                     

                      国内の金箔生産量の98%を占める金沢だけに、

                     

                      コスメ・小物・金箔ソフトクリームと全て金箔入り。女性で大賑わいです。

                     

                     

                     



                     

                     

                     

                     金沢の玄関口である金沢駅は訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、

                     

                     おもてなしの心を表わしたガラスの建造物「もてなしドーム」や

                     

                     正面には金沢の新たなシンボルとなった「鼓門」があります。

                     

                     思わず、パチリ。

                     



                     次は「御菓子城加賀藩』へ。

                     


                     さすが加賀藩があっただけにお菓子も豊富。

                     

                     『御菓子城加賀藩』では、和洋菓子が300種類以上も並んでいます。

                     

                     お土産に困ることは全くありません 


                     

                    また、隣接の2階の『日本折り紙博物館』は

                     

                    約5000種10万点の折り紙作品を展示し、世界最大級だとか・・。

                     

                    一見の価値ありです。

                     

                     

                     

                    IMG_4421.JPGIMG_4428.JPGIMG_4427.JPGIMG_4426.JPGIMG_4425.JPGIMG_4424.JPGIMG_4423.JPGIMG_4422.JPG

                     

                     

                      ここでちよっと寄り道したいのが

                     

                      加賀 「月うさぎの里」。

                     

                      この街には、うさぎが恩返しに村を水害から救ったという話があります。

                     

                      「月うさぎの里」はうさぎをテーマにされており、

                     

                       お寺の広場(屋外)にはうさぎが放し飼いされており、

                     

                       いたるところにうさぎがいます。

                     

                     

                       併設されているショップにもかわいいうさぎグッズがいっぱい!

                     

                     

                       バッグやハンカチなどかわいくてどれも欲しくものばかり。

                     

                     

                      ↓ アラアラ、こんなところにも・・


                     

                      加賀温泉郷の方に戻ってくると九谷焼を、

                     

                      見たり体験できるギャラリーも多く、

                     

                      赤・黄・緑・紫・紺青での絵付けされた逸品には

                     

                      目を見張るものがあります。

                     




                     

                     

                      また、山中漆器のお店「山中うるし座」では、

                     

                     

                      山中塗の展示販売や匠の実演などを見ることができます。

                     

                      しっとりとして、手に吸い付くような山中塗のお箸や

                     

                     

                      お椀などの小物も数多く並んでいます。お土産にもいいですね。

                     

                     

                     

                     


                     

                     

                     今回は、伝統工芸にも触れ、地魚も美味しく、

                     

                     温泉も楽しめる北陸加賀。

                     

                     秋におすすめのドライブスポットです。

                     


                    (か)


                    無料税務相談会のご案内です

                    0






                      << | 2/60PAGES | >>

                      calendar

                      S M T W T F S
                            1
                      2345678
                      9101112131415
                      16171819202122
                      23242526272829
                      3031     
                      << December 2018 >>

                      時計

                      天気

                      categories

                      archives

                      profile

                      search this site.

                      mobile

                      qrcode

                      powered

                      無料ブログ作成サービス JUGEM