醍醐寺

0

     桜や紅葉の時期に賑わう世界文化遺産の京都 「醍醐寺」。

     

     初冬のこのシーズンは、ゆっくり静かにお参りされたい方にはいいかもしれません。

     

     また、今なら、12月10日(月)まで初公開 水晶宝龕入り木造阿弥陀如来像を拝観できます。

     

     水晶のなかにおさめられた金色に輝く阿弥陀如来の小像は感動以外の何物でもありません。

     

      

     ところで醍醐寺ですが、山科盆地の東側に位置し、山頂一帯を「上醍醐」と「下醍醐」からなっていますが

     

    台風21号の影響により、現在、上醍醐への入山が禁止されています。(取材当時)

     

     

     国宝の唐門は、
     朝廷からの使者を迎える時だけに扉を開いたとされています

    IMG_0178.JPG

    IMG_0181.JPG

     

    平安後期1134に造立された仁王像の

     

    仁王門をくぐると

    IMG_0183.JPG

    醍醐天皇の御願により延長4年(926)に創建された建物が。 二度焼失し、

     

    現在の金堂は豊臣秀吉の命によって紀州(和歌山県)湯浅から移築が計画された

     

    もので、醍醐寺の中心のお堂です。

     

     

    IMG_0188.JPG

     

    IMG_0186.JPG

    五重塔

    醍醐天皇のご冥福を祈るために、朱雀天皇が着工した五重塔。京都府下で最も古い木造建築物となっています。

     

    IMG_0193.JPG

     

    IMG_0198.JPG

     

     

     

     

     

    IMG_0220.JPG


    IMG_0212.JPG

    水面に樹々の姿が映る弁天堂は

     

    紅葉やイチョウが色づく季節には、朱塗りの弁天堂が水面とよく合う

     

    紅葉の名所となっています。


    堂内には、音楽などの学芸や知識の女神であるとして広く知られている弁才天

     

    (七福神の一つ)が祀られています。


    IMG_0207.JPG

    弁天堂をを臨む「寿庵」は、かつて高僧が宿舎とされていたお休み処。


    ここでお抹茶とお菓子をいただき、静寂な時間を過ごすのも癒されます。

    IMG_0209.JPG


    IMG_0218.JPG
     


    ↓ 入り口では

      豆せんべいなとも販売されていました


    IMG_0171.JPG


    IMG_0174.JPG


    IMG_0175.JPG

    IMG_0169.JPG

     


    金箔・山中塗・九谷焼を訪ねて 石川県加賀

    0

       

          今回は秋にふさわしい伝統工芸と温泉を楽しむ石川県加賀をご紹介。


         車でなら米原JCT経由で約4時間半。

       

         途中サービスエリアで、お土産を見たり、

       

         ご当地のうまいものを発見するのも楽しみの一つですね。

       

       

         北陸自動車道杉津パーキングエリア付近は、

       

         敦賀湾を見渡せる絶景の眺望ポイント。

       

       

       

          

       

       宿泊に人気の加賀温泉郷は、山城・山中・粟津・片山津温泉の

       

       4つの温泉を総称したものです。

       

       10世紀以上に亘り多くの人々に愛されてきた歴史ある温泉です。


       この旅では温泉を楽しむだけでなく山中塗や九谷焼また金箔などの

       

       伝統工芸も見学しましょう。

       

        ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

       

        まずは、北上し、金沢市のひがし茶屋街へ。


        美しい出格子のある古い町並みは重要伝統的建造物保存地区に指定されています。

       

        雑貨店・町屋カフェなどがあり、中でも目が引くのが金箔を扱うお店。

       

        国内の金箔生産量の98%を占める金沢だけに、

       

        コスメ・小物・金箔ソフトクリームと全て金箔入り。女性で大賑わいです。

       

       

       



       

       

       

       金沢の玄関口である金沢駅は訪れる人に差し出す雨傘をイメージし、

       

       おもてなしの心を表わしたガラスの建造物「もてなしドーム」や

       

       正面には金沢の新たなシンボルとなった「鼓門」があります。

       

       思わず、パチリ。

       



       次は「御菓子城加賀藩』へ。

       


       さすが加賀藩があっただけにお菓子も豊富。

       

       『御菓子城加賀藩』では、和洋菓子が300種類以上も並んでいます。

       

       お土産に困ることは全くありません 


       

      また、隣接の2階の『日本折り紙博物館』は

       

      約5000種10万点の折り紙作品を展示し、世界最大級だとか・・。

       

      一見の価値ありです。

       

       

       

      IMG_4421.JPGIMG_4428.JPGIMG_4427.JPGIMG_4426.JPGIMG_4425.JPGIMG_4424.JPGIMG_4423.JPGIMG_4422.JPG

       

       

        ここでちよっと寄り道したいのが

       

        加賀 「月うさぎの里」。

       

        この街には、うさぎが恩返しに村を水害から救ったという話があります。

       

        「月うさぎの里」はうさぎをテーマにされており、

       

         お寺の広場(屋外)にはうさぎが放し飼いされており、

       

         いたるところにうさぎがいます。

       

       

         併設されているショップにもかわいいうさぎグッズがいっぱい!

       

       

         バッグやハンカチなどかわいくてどれも欲しくものばかり。

       

       

        ↓ アラアラ、こんなところにも・・


       

        加賀温泉郷の方に戻ってくると九谷焼を、

       

        見たり体験できるギャラリーも多く、

       

        赤・黄・緑・紫・紺青での絵付けされた逸品には

       

        目を見張るものがあります。

       




       

       

        また、山中漆器のお店「山中うるし座」では、

       

       

        山中塗の展示販売や匠の実演などを見ることができます。

       

        しっとりとして、手に吸い付くような山中塗のお箸や

       

       

        お椀などの小物も数多く並んでいます。お土産にもいいですね。

       

       

       

       


       

       

       今回は、伝統工芸にも触れ、地魚も美味しく、

       

       温泉も楽しめる北陸加賀。

       

       秋におすすめのドライブスポットです。

       


      (か)


      びわこ湖西ドライブ   メタセコイヤ並木とマキノ高原

      0

         

         

        日本最大の湖 琵琶湖とそれを取り囲む緑豊かな山々、

         



         

         

        今回はキャンプもできるマキノ高原を目指しての湖西のドライブをご案内。

         

         

         

        IMG_7679.JPG

         

         

        大津から湖岸を高島市までR161を走ります。

         

         

         

        IMG_7692.jpg

         

         

        左側にびわこバレイの蓬莱山、右に紺碧の琵琶湖を眺めながら

         

        走ると、湖中に大鳥居がそびえ立つ白鬚神社が見えます。


        ↓写真失敗。゚(゚´ω`゚)゚。
        >

         

        御祭神の猿田彦命は、導き・道開きの神として知られています。

         

        参拝に来られる方が多くて駐車できず、今回はスルー。

         

        そして、いよいよ高島市へ。

         

        IMG_7674.jpg

         

        幻の果実ともいわれるアドベリー生果実をもとめて、

         

        道の駅 藤樹の里 あどがわへ到着。

         

         

        IMG_7662.jpg

         

        アドベリーは日持ちしないことから生果実を食べられるのは、短期間。

         

         

        この時はすでに生の果実には出会えずやゼリーや加工品を

         

        お土産で購入。

         

         

        IMG_7657.jpg

         

         珍しいサイダーも飲んでみると、

         

         

         ↓ ちょっと甘酸っぱくてフルーティてサッパリ感が夏には最適。

         

        IMG_7670.jpg

         

        生果実のアドベリーは購入できませんでしたが

         

        この日は

         

        扇子や特産の高島ちぢみなどの地場産フェアで、夏小物に出会えました。

         

         

        http://adogawa.net/

         

        楽しさ満載の道の駅を後にして、さらに北へ進むと

         

        まもなく

         

        オープンしたばかりの道の駅 しんあさひ風車村へ。

         

        IMG_7678.JPG

         

        宿泊やデイユーステント、バーベキューもでき、とても楽しめそうです。

         

        https://takashima.stagex.jp

         

        今回の目指すマキノ高原はもうそこまで。

         

        IMG_7714.JPG

         

        途中、シーズン毎にその美しさを見せてくれる

         

        メタセコイヤ並木に到着。

        IMG_7730.JPG

        IMG_7717.jpg

         

        延長2.4kmにわたって植えられた約500本のメタセコイヤ。

         

         

        マキノ高原へのアプローチ道として、人気のスポットは

         

        この日もカップルなどが、往来の車の隙を見て、撮影に。

         

        http://makinokougen.co.jp/publics/index/45/

         

         

        まもなく、マキノ高原へ。

         

        IMG_7734.JPG

         

         ↑清流で魚とりをしたり、川遊びしたり

          透き通る水で子供たちが楽しそう・

         

          また、トレッキングもでき、案内所もあります

         


        IMG_7742.JPG

         

        ↑ テントの貸し出しもあります

         

         

        そばには温泉もあり

        >

         

        疲れた身体を癒せます

         

        ↓ この日も大勢のファミリーやグルーブがテントを張っていました

         

         

         

         

        夏には爽やかなこの高原。

         

        美しい琵琶湖と比良山系の山も楽しみながら

         

        いい思い出を作れる夏のマキノ高原でした。

         


        ブルーベリー摘みと牧場 にドライブ

        0

           

          夏休みにおすすめしたい

           

          ブルーベリー摘みと牧場での動物とのふれあい。

          まずは、甲南町の「宮ベリー」さんへ。観光ブルーベリー園です。

          名張市内 (名張駅付近)から車で約70 分。

          8月いっぱいまでブルーベリーが摘めます。

          ブルーベリーは何と言っても

          果物の優等生、小さい実にはたっぶりの

          アントシアニンや食物繊維が詰まっています。

          優れた抗酸化作用は、眼精疲労回復や生活習慣病の改善などにもいいといわれて
          います。

          農薬をできる限り使用しない同園の入場料は

          食べ放題コース
          大人 1000円
                   子供  800円(小学生以下)
          1時間食べ放題です。
          5才未満のお子様は食べ放題コースは無料です

          種類も豊富なので、味を見比べるのもいいですね。












           

          ↓ ドラマの撮影も来られています


          ↓ 17種類のブルーベリーが順次

            熟していきます


           

           

          さて、ビタミンをいっぱいとったところで

           


          次は山田牧場へ。

           

          「牛に願いを ミルクに夢を」。

           

          そんな思いの出来上がった牧場は年中無休(年末年始を除く)、

           

          なのでいつでも入場無料で駐車料金も無料で入ることができます。


          中には乳牛をはじめヤギ・クジャクなどが

           

          すぐそばで見ることができるので動物


          とのふれあいにお子様も喜ばれることでしょう。


          場内では てぶらバーベキュースペースがあります(要予約 おひとり2500円)。

           


          そして、見逃せないのが人気の乳製品の販売。

           


          クリークリームチーズを全体量の46%使用の 超濃厚!山田牧場 贅沢チーズケー
          キ「」はとってもまろやか、

           

          まったりの濃厚な味。マスコミでも話題の訳が分かります。

           















           

          今回は近場のドライブと会って気軽に行けますね。

           

          ご家族、グループでぜひ楽しんでください。

           

           

          ★ 宮ベリー

             http://eonet.ne.jp/~miyaberry/

           

             🚙 ナビで行くときは 電話検索でお願いします

           

             甲賀市甲南町野川462 

             電話0748-60-1746

            

           

          ★山田牧場

             https://no-fu-yamadabokujyou.com

           

           

             甲賀市信楽町神山2077

             電話: 0748-82-2007

             

           


          初夏の琵琶湖ドライブ

          0


            <



            青空の下、湖面をセイリングするヨット。

             

            爽やかな初夏の風。琵琶湖を

             


            眺めているととても癒されます。

             

            ペットとの散歩や、ウォーキングにも最適、


            カフェなどもあり、のんびりと休日を


            過ごせるスポットですね。

             

             


             

             

            まずは、湖畔周辺散策から。四季の花を楽しみながら


            の長い遊歩道が続く大津湖岸なぎさ公園。

             

            そのサンシャインビーチ(由美浜)内


            にある「ドイツレストラン ヴュルツブルク」は、

             

            ドイツの伝統的民家をの姉妹都市

             

            ドイツ・ヴュルツブルク市の協力により

             

            意匠そのままに再現されています

             

            「ドイツビールはもちろん、ドイツ料理や文化が楽しめます。

            <

             



             

             

             

             

            ランチを楽しんだ後は、琵琶湖の絶景が楽しめるびわ湖バレエの人気スポット「びわ湖テラス」
            へ。

             

            高1100mの山頂には絶景ロープウェイで。

             

            すると、

             

             

             

            そこには、天空のラグジュアリーリゾートとも言われる

             

            琵琶湖を一望できる大パノラマが。


            圧倒的なスケール! 二つの山頂に

             


            二つのテラスはいずれも、

             

            広大な絶景の天空リゾート。

             

            時間を忘れてしまいそう・・。

             

             

             

            スカイウォーカー(6月30日、リニューアルOPEN)などの

             

            アクティビティも楽しめます。

             


            ゆつたりした時間でカフェを楽しんだ後は、また市内でお土産探し。

            琵琶湖と言えば、この地にに千年以上昔から伝わる保存食の
            鮒ずし。






             

             

             

             


            米の発酵を利用した発酵食品で「なれずし」とも呼ばれ、ハレの場を飾る産物だ
            とか。
            乳酸菌を豊富に含んでいるそうです。


            絶景も食事も楽しめ、大満足の湖南周辺。琵琶湖は広いので、湖北や他もまだ
            まだこの夏楽しめそうです。

             

             

            取材協力 びわ湖観光協会         http://www.otsu.or.jp

             

                 びわ湖バレエ  びわ湖テラス http://biwako-valley.com

             

                 ドイツレストラン ヴュルツブルク 

                                 

             

                 元祖阪本屋   


            神々の国 出雲は電車にも魅了されます  その2

            0
                

                出雲の旅は宍道湖などの風景が美しいだけではなく
                


                各地で見ることができた電車は結構、楽しかったですよ(+_+)



                松江から出雲大社を結ぶ一畑電鉄ご縁電車「しまねっこ号」。

                島根のゆるキャラ「しまねっこ」は何ともかわいく癒されます。

                


                床に描かれたおみくじみたいな模様が自分が座った席と「ご縁」のある人を結び付けてくれるとか・・


                なんだかドキドキしますね(^^♪・・ 


                松江から出雲大社を結ぶ一畑電鉄の車両です。

                


                また、出雲大社前駅(出雲市)で展示されているのは

                日本最古級の車両「デハニ50形」。

                

                

                


                鉄道ファンらからは引退を随分惜しまれたようです。

               
                そして、時間をかけてでも行きたくなるのがファンには

                たまらない JR山陰本線由良駅の愛称が「コナン駅」。



                この日も大阪からのファンの女子たちが集まっていました。


                ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

                
                神々の国・出雲。食事も温泉も醍醐味にあふれています。

                神代にタイムスリップしたような

                不思議な旅。

                きっと癒されます・・。


                
                 


              縁結びの旅   出雲大社へ   その1   

              0
                   
                   
                   GWも間近かに控え、今回は少し遠くまで


                   足を伸ばし、縁結びの旅 出雲路なんていかがでしょうか?


                   
                   「縁結び」といっても恋愛だけではありません。仕事の縁、

                    友達の縁、健康の縁と人生そのものが全て縁結び・・ですね。
                   
                   「平成の大遷宮」を迎え、新しくなった出雲大社へは、車・バス・鉄道

                   ・飛行機と楽しみ方も様々。

                    なので、とりあえず御朱印帳持参でそれぞれの行き方で現地へひとっ飛び。

                    今回、私は大阪から鳥取まで2時間30分のスーパーはくとを利用。

                    鉄道ファンにはたまらない智頭急行です。
                    
                   
                    さて、まず向かったのが 大人の弾丸トラベルで見逃せない、「足立美術館」。

                    日本庭園の美しさで米誌ランキング「15年連続日本一」。

                    


                    所蔵の生誕150年を迎える横山大観の作品は日本画が好きな方が各地から訪れます。


                    現在作品22点は5/20まで新潟で移動展が開催されているようです。



                    さて、いよいよ出雲大社へ。


                   結びの神様として知られ、ブームのパワースポット。


                   


                    結婚や恋愛成就を願う女性を中心に、全国から多くの女性が結婚や恋愛成就を願い

                    集まっています。


                    ご祭神は縁結びの神様として知られる大国主命(オオクニヌシノミコト)。

                    伊勢神宮などと並ぶ、日本で最も重要な古社のひとつで、「古事記」にも記されて

                    います。

                   
                    まずは、手水舎で手と口を清めお参りしましょう。


                    拝殿では「2礼4拍手1礼」をします。出雲大社では手を4回叩くのが正しい作法らしい

                    です。
                    


                    お願い事を済ませたら「稲佐の浜」へ散歩です。
                    


                    この浜は、天照大神(アマテラスオオミカミ)より、国譲りの使命を受けた建御雷神

                    (タケミカヅチ)が大国主神(オオクニヌシノカミ)と対面した場所で

                     日本のなぎさ100選にも選ばれています。

                    
                    旧暦10月の神在月に、出雲大社に集まる全国の八百万の神々をお迎えする浜でも

                    あります。

                    その間、出雲以外は神無月ですね。


                    広く続く 白砂青松の海岸は美しく、この日も家族で海岸を散歩したり、サーフィンを

                    楽しむ人の姿を
                   

                    見ることができました。夏は海水浴客で賑わうそうですよ。


                    

                  
                    さて、お腹が空いたら、名物 出雲そばをいただきましょう。
                    
                    門前町には、出雲そばをいただけるお店がずらり。
                    
                    
                    そして、ちょっと見学しておきたいのが

                    出雲大社門前にある老舗旅館、創業140年を誇る旅館の木造建築は、一見の価値が

                    りますょ。

                    あの有名な女性シングソングライターさんのご実家らしいです。

                  


                     続きは2へ
                  
                  
                    

                    

                | 1/1PAGES |

                calendar

                S M T W T F S
                      1
                2345678
                9101112131415
                16171819202122
                23242526272829
                3031     
                << December 2018 >>

                時計

                天気

                categories

                archives

                profile

                search this site.

                mobile

                qrcode

                powered

                無料ブログ作成サービス JUGEM